🌏 世界各国おべんきょうぶろぐ 🌏

【世界幸福度ランキング2019】順に国を紹介しています!

【オーストリア】ホイリゲ文化が最高【ワインで乾杯】

 

どもども、MAYUです。

 

本日は世界幸福度ランキング10位、

 オーストリアをご紹介!

 

0, オーストリアの国旗

f:id:mxaxu:20200104183515p:plain

この国旗、現在使用されている国旗の中で世界最古の国旗の1つだそうです。

赤と白が使われているのは、十字軍の遠征の際、当時のオーストリアの大公レオポルト5世の純白の軍服が敵の返り血で真っ赤に染まり、ベルトの部分だけが白く残ったということからきているそうです!

1, オーストリアの位置・人口・面積

内陸で様々な国に挟まれている国です。ドイツの下、スイスのお隣です。

人口: 880万人

面積: 北海道と同じくらい

日本からの飛行時間: 約12時間

首都: ウィーン

 

首都は音楽の街、ウィーン!!

f:id:mxaxu:20200104181308j:plain

 

2, オーストリアの通貨・物価

通貨: ユーロ

物価: 日本より少し高いか、さほど変わらない

チップ: あり

 

チップに関しては、カナダの記事で書いたようなマナーという意識とは少し違い、サービスをしてくれた人への感謝のきもちとして渡すことが多いそう。

レストランも凡そ、10%程度のチップを払うとのことです。

 

3, オーストリアのことば

公用語は、ドイツ語。

オーストリア人の90%がドイツ語を使用しています。

ただ、完全なドイツ語と比べると少し発音が違ったりするため、オーストリアドイツ語と呼ばれているそうです。

 

こんにちはも、通常のドイツ語とは異なります!

 

●こんにちは

Gruess Gott(グリュースゴット)

オーストリア人はほとんどこれを使うので、通常のドイツ語で挨拶をしないよう気をつけましょう。

ちなみにこのこんにちはの意味は、「神があなたに挨拶しますように」という意味になります。素敵!

 

●英語が通じるのか

ほぼ通じます!

観光地や、若者はほとんど喋れるようですが、ご高齢の方は、英語が少し弱い方が多く、ドイツ語が混ざってしまうことも多々あるようです。

でも一生懸命答えてくれる感じが嬉しいですね。

 

4, オーストリアの食べ物

●シュニッツェル

f:id:mxaxu:20200104181440j:plain

オーストリアの定番!!豚肉か牛肉を薄く伸ばし、それを油で揚げたものです。

大きさもかなり大きく日本のカツの3倍ほどありますが、衣も薄く、意外とペロリと食べられるお料理です。

 

●ターフェルシュピッツ

さまざまなスパイスとレモンを加え、長時間ブイヨンで煮た牛肉料理。

牛のお尻と太ももの上部のお肉をターフェルシュピッツと呼ぶそうです。

味がさっぱりで、お肉も柔らかく栄養もあることから、病院食としても食べられているそう!!こんな病院食贅沢っ!!

 

●フラターテンズッペ

ズッペとはドイツ語でスープを表しています。

細く切られたクレープが具材のコンソメスープになります。

クレープをスープとして飲んだことがないですが、意外と美味しそう...

 

5, オーストリアの有名なもの

●音楽

●レッドブル(ドリンク)

●スワロフスキー(クリスタルガラス)

 

 

ウィーンといえばやっぱり音楽!!

f:id:mxaxu:20200104181703j:plain

当時、ウィーンに宮廷を構えていたハプスブルク家が、文化・芸術・学問を奨励してきた長い歴史があり、特に音楽を好んでいたことから、音楽がしやすい環境を整えていっていたそうです。

そこに他の国から能力のある音楽家たちや、音楽をやりたい人たちがやってきて、より音楽が盛んになったと言われています。

ですので、モーツァルトともベートーベンもウィーン出身というわけではないそうです。

 

6, オーストリアOTHERS

●ホイリゲ

f:id:mxaxu:20200104181750j:plain

オーストリア東部に見られるワイン酒場!

ただのワイン酒場ではなく、ワインの酒屋さんが、自家製ワインを売る!というのが目的だそう^^

かなりアットホームな雰囲気の中で美味しいワインをいただくことができます!

主に白ワインで、ワイングラスではなくジョッキに入っています。すぐ酔っ払ってしまいそうですね...!

ちなみに2019年のオーストリアのユネスコ無形文化遺産に登録されたそうです!おめでたい!

 

●カフェ文化

f:id:mxaxu:20200104181817j:plain

言い伝えによると、1683年に包囲攻撃に失敗したトルコ軍が大量のコーヒー豆を置いてったようで、それを戦利品として手に入れ、広まったと言われています。

カフェの雰囲気もかなり良く、コーヒーの種類も豊富。

そして、朝早くから夜遅くまで営業しているので、ゆっくりと過ごすことができそうですね。

ちなみにこれもユネスコ無形文化遺産に登録されています!!

 

●ホスピタリティの高い国

f:id:mxaxu:20200104181925j:plain

実は、世界有数のホテル専門大学があるくらい、ホテル業が進んでいます!!

日本もおもてなし精神の国ですが、オーストリアもかなりホスピタリティには自信があるようですね!

 

人をもてなすって素敵だな〜

 

 

 

 

まとめ

オーストリアいかがでしたでしょうか。

 最後に3つにまとめると...

 

●音楽の国!

●心が温かい国!

●意外と人口密度が高そう国!

 

ホスピタリティや、ホイリゲ(ワイン酒場)だったり、カフェ文化であったり、ほっこり優しい気持ちの方が多い気がしました!!

 

一度行ってみたいですね。

 

 

ではでは、また明日!

 

 

MAYU