🌏 世界各国おべんきょうぶろぐ 🌏

【世界幸福度ランキング2019】順に国を紹介しています!

【イギリス】日本人と性格が似ている?【英語の英】

 

おはようございます!MAYUです。

これから海外出張で、12時間のロングフライトなので...初めての朝発信です!

実は、ちょうどこれから行く国と、これから書く国がたまたま一緒だったのです...!!

 

奇跡!

 

そんな国、本日は世界幸福度ランキング15位の国、

イギリスをご紹介!!

出張で何回か行っているので、どんな国かはなんとな〜く分かっていますが、きちんと調べるのは初めてなので、楽しみです!

 

0, イギリスの国旗

f:id:mxaxu:20200106145500p:plain

この国旗、かなり有名ですよね。

これは、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの4つの王国の国旗を組み合わせたものになっているそうです。

ちなみに、プロフィールに貼っている写真もイギリスで撮ったものなんです!

 

 

1, イギリスの位置・人口・面積

イギリスも日本と同じ島国です。

今までご紹介した国の中だとオランダと近い国ですね!

 

人口: 約6650万人

面積: 日本の3分の2

日本からの飛行時間: 直行便で12時間程度

首都: ロンドン

 

意外と日本って大きいですね...!

f:id:mxaxu:20200106145758j:plain

赤い二階建てバスと時計塔ビックベンがロンドンらしさを醸し出している写真ですね。

ただいまこのビックベンは工事中で、鐘が鳴りません。

2021年頃まで工事が続くそうです。

 

2, イギリスの通貨・物価

通貨: グレートブリテンポンド(GBP)

物価: 日本の1.5倍程度

チップ: なし

 

実際行ったことがありますが、物価は高いです...

外食は、1つ何か食べるだけでも1,500円くらいはかかるイメージ。

スーパーのサンドイッチとかでも500以上はします。

ちなみにロンドンに昇龍という豚骨ラーメン屋さんがありますが、1杯1,300円くらいします。

 

でも普通に美味しいので、私は1週間に2回も行ってしまいました。笑

 

3, イギリスのことば

公用語は、英語。

この"英語"の"英"はイギリスを漢字で書いたときの"英国"の"英"からきています。

ということで、英語の発祥地は、イギリス!

イギリスは、いろいろなところに植民地を持っていたことから、英語は様々な国で広く使われています。

 

ちなみに、冒頭に書いたようにイギリスは、4つの王国からなっているので、厳密に言うと下記が公用語になります。

 

イングランド: 英語

スコットランド: 英語、スコットランド語、スコットランド・ゲール語

ウェールズ: 英語、ウェールズ語

北アイルランド: 英語、アイルランド語

 

ここでは、英語をご紹介します!

 

●こんにちは

Hello(ハロー)もしくは、Hi(ハイ)

英語なので、これは皆さんご存知かと思います。

私の経験からすると、Hiの方が良く気軽に使っています!

 

●英語が通じるか

英語発祥地なので、勿論通じます!

 

4, イギリスの食べ物

●フィッシュアンドチップス

f:id:mxaxu:20200106150515j:plain

タラなどの白身魚を小麦粉、卵、水で溶いて揚げたものに、ポテトフライを添えられたものです!タルタルソースまたは、ビネガー(お酢)でいただきます。

日本でも食べられますが、日本との違いは大きさ!!

日本は白身魚が切られて一口サイズで出てきますが、イギリスのものは白身魚そのままドドンと出てきますので、ボリューム満点です。

 

ちなみに私は全部食べ切れたことがありません。笑

 

●イングリッシュ・ブレックファスト

f:id:mxaxu:20200106150601j:plain

英国の朝ごはんという意味です。

 

ソーセージ、ベーコン、ブラッドプディング、卵、ハッシュドポテト、トマト、ビーンズのプレートで、これと食パンを一緒に食べるスタイルです。

 

ブラッドプディングというのは、豚肉と豚肉の血が入ったソーセージ。

 

血の風味が独特だそうなので、好き嫌いが分かれるそう。入れない家庭も多いとか。

 

イギリスでは、日曜日など朝ゆっくりできる日に食べるそうですよ^^

 

●ローストビーフ

f:id:mxaxu:20200106150631j:plain

牛肉の塊をオーブンなどで蒸し焼きにしたものです。

ローストビーフってイギリスの料理だったんですね!!ビックリです。

 

イギリスの伝統としては、日曜の午後に食べる昼食のメインとして扱われているそう。

 

5, イギリスの有名なもの

●2階建てのロンドンバス

f:id:mxaxu:20200106150712j:plain

ロンドンのバスは、二階建ての赤いバスなんです。ロンドンらしさが出てますね〜。

ロンドンのお土産などにも絶対このバスが描かれてるといってもいいほど、ロンドンの象徴になっています!

初めてロンドンに行ったとき、ロンドンバスを見て、マジでロンドンに来たんだー!と思いました。笑

 

●ビートルズ

f:id:mxaxu:20200106150750j:plain

イギリスのリヴァプール出身のロックバンドです。20世紀を代表するアーティストと言われています。

 

●紅茶

f:id:mxaxu:20200106150817j:plain

アフタヌーンティーという紅茶とお菓子や軽食などをとる習慣が有名です。

 

6, イギリスOTHERS

●無料の美術館や博物館がたくさん

f:id:mxaxu:20200106150922j:plain

イギリス人は、文化や芸術を好むため、無料の美術館や博物館がたくさんあります!

これはすごくありがたいことですね〜

 

私も仕事の合間にいくつか美術館、博物館に行ったことがありますが、とても素敵な場所です。

こんなのが無料で!?みたいなものがわんさかあります。

 

今度改めてご紹介したいと思います。

 

多くの施設が、寄付やチャリティーで運営されていますので、そのお金だけで成り立っているという点から見ても、イギリス人が文化、芸術が好きなことがわかりますね^^

 

●パブで飲む!

パブとはイギリスで発達した居酒屋のことです。

仕事後に一杯軽く飲んで帰ることが多いようです。

イギリスのパブ、見た目もすごくカッコいいんですよ〜!!

f:id:mxaxu:20191110155841j:image

これ私が実際に撮った写真ですが、こんな感じでみんな寒くても外でワイワイ楽しそうに飲んでいます!!いや〜、好きだなー!笑

 

●日本人と性格が似ている!

これは実際に私が感じたことですが、あまりガツガツしていないところが日本人の性格と似ています!そのため、とても過ごしやすい国だなぁと感じました。

"プライバシーを大切にし、相手に迷惑をかけない"というマナーを大事にしています。

 

また、ストレートなジョークよりもブラックなユーモアを好む方が多いので、シュールな笑いが好きな人が多いのも特徴です。

 

 

 

まとめ

イギリスいかがでしたでしょうか。

いつもの3連発いきまーす!

 

●日本人と性格が似ている国!

●文化、芸術の国!

●お酒が好きな国!

 

本当に思うのが、日本人と性格が似ていて、距離感もちょうど良くとても過ごしやすいです、イギリス。

 

文化や芸術に関心がある点も素敵ですね〜!

 

まだまだ書きたいことが沢山!

 

旅行や出張で何カ国か海外に行っておりますが、私はイギリスが一番合うな〜と思いました。(個人的な意見です。)

 

今度実際のイギリスレポートの記事も書いてみたいと思います!

 

 

 

 

 

 

ではでは、ロンドンに行ってきまーす!

 

MAYU