🌏 世界各国おべんきょうぶろぐ 🌏

【世界幸福度ランキング2019】順に国を紹介しています!

#42 リトアニア - 様々な国に支配されてきた国

 

どもどもん。MAYUです!

今朝は1年に1回あるかないかの寝坊をかまして、ビックリ仰天で朝を迎えました。

寝坊したときって一瞬ときが止まりますよね...なんなんでしょうね、あれは...

 

本日は、世界幸福度ランキング42位の国、リトアニアをお勉強!

 

 

0, リトアニアの国旗

f:id:mxaxu:20200110121211p:plain

黄色は太陽と幸福、緑は自然、希望、喜び、赤は大地、活力、自由を求めて戦った国民の血を表しています!

 

1, リトアニアの位置・人口・面積

ポーランドの上のヨーロッパ地域に属しています。

国旗がラスタカラーなので、ヨーロッパなのが意外でした!

 

人口: 290万人

面積: 北海道の約80%程度

日本からの飛行時間: 直行便なし。乗り継ぎで13-15時間。

首都: ビリニュス

f:id:mxaxu:20200110121450j:plain

バロック様式の建物で有名です。

 

2, リトアニアの通貨・物価

通貨: ユーロ

物価: 安い

チップ: なし

 

EU加盟後、徐々に物価は上昇していますが、ヨーロッパの他の国より物価がかなり安い国です!

生活費自体は、日本の半額程度と言われているので、とても安いということが分かりますね。チップの習慣はありませんが、観光地化が進むに連れて、チップを渡す人も増えてきているようです。

 

3, リトアニアのことば

リトアニアの公用語は、リトアニア語。

ヨーロッパ最古の言語と言われています!

 

●こんにちは

Labas(ラーバス)

やあ!のような意味合いで使用します。

 

●英語が通じるか

ほぼ通じます!

観光地では、ほぼ通じます!

ただ若者はほぼ喋れるのですが、年配の方は喋れないことも...!!

また、昔ロシア領だったことから、ロシア語も喋る方もいるようです。

 

4, リトアニアの食べ物

●ツェペリナイ

もちもちとしたジャガイモの中にひき肉が入っているお料理!

作るのが難しそうですね...!

 

●コルドゥナイ

リトアニア風の水餃子!!

日本の餃子よりも硬めの皮を使用しており、食べ応えがあります。

 

●キビナイ

羊肉のひき肉がかためのパン生地に詰めたパン。こちらも噛みごたえがあり、ボリューム満点の一品!

 

5, リトアニアで有名なもの

●ビリニュス旧市街

f:id:mxaxu:20200110121752j:plain

リトアニアの首都ビリニュスは、リトアニアで一番人気のある観光地なのです!

この市街は、世界遺産に登録されています。

雰囲気のある路地や、可愛らしいお家などが立ち並んでいます。

 

●リネン素材

f:id:mxaxu:20200110121850j:plain

リトアニアは、世界でもトップクラスのリネンを作っています!

お土産にはリネン素材のものをぜひ購入してみてください!

 

●シャウレイの十字架の丘

f:id:mxaxu:20200110121918j:plain

無数の十字架や聖母マリア像、イエスの受難像などが置かれている光景が見られる場所。

リトアニアがこれまで複数の国々に占領されてきた中で、立ち向かってきた歴史を感じることができます。

 

6, リトアニアOTHERS

●かつては、ポーランド?そしてロシア?

1569年頃は、リトアニアはポーランドに同化し、ポーランド王国という国でした。

主権国家の発達が送れたことにより、17世紀にはロシアの圧力を受け始め、18世紀にはロシアの支配を受けるようなりました。

18世紀末、ポーランド分割によって、リトアニアの大部分はロシア領になったという経緯があります。

いろいろな国に支配されてきた国ですね。

 

●バルト三国のひとつ!

バルト三国とは、バルト海の東側、フィンランドの南北に並ぶ3つの国を指しています。

特徴としては、豊かな自然と中世を思い起こさせる街並みが特徴で、近年観光客も急増しているエリアです。

 

●日本のシンドラー 杉原千畝の行い

第二次世界大戦中、ナチス・ドイツの追害によりポーランドからリトアニアに逃れてきたユダヤ人に対して、杉原千畝領事代理が、ビザを発行し、6,500名の命を救ったという歴史があります。

 

そこで、2,000年に旧日本領事館に記念館が設立され、みなさんが訪れる1つの名所となっています。

 

まとめ

リトアニアいかがでしたでしょうか。

最後に3つにまとめると...

 

●様々な国に支配されてきた国!

●バルト三国の1つの国!

●日本人が命を救った歴史のある国!

 

あまり知らない国でしたが、いろいろな歴史があった国なのだなぁと思いました!

 

ポーランドになったりロシア領になったり、きっとその頃生きていた方たちは、大変な苦労をしていたんだろうなと思います。

 

物価も安いし、街並みも素敵ですので、是非行ってみたい国になりました!

 

では!

日曜の夜まったり楽しみましょう!

 

MAYU