🌏 世界各国おべんきょうぶろぐ 🌏

【世界幸福度ランキング2019】順に国を紹介しています!

#56 ジャマイカ - レゲエ発祥の国

どもども、MAYUです。

 

本日は世界幸福度ランキング56位の国、ジャマイカについて勉強したいと思います!

0, ジャマイカの国旗

f:id:mxaxu:20191222183307p:plain

 緑は、希望と農業を、黒は国民を、黄色の十字は聖アンデレの十字架で、国民が熱心なキリスト教徒であることを表しています!

 

1, ジャマイカの位置・人口・面積

ジャマイカは、カリブ海の島国で、北アメリカに位置しています。

 

人口: 290万人

面積: 四国の60%程度の大きさ

日本からの飛行時間: 直行便なし。乗り継いで18時間~

首都: キングストン

 

キングストンはジャマイカNo.1の大都会!

この首都だけで100万人が生活しているそうなので、国民ほとんどがこのキングストンにいるということになります。

 

2, ジャマイカの通貨・物価

通貨: ジャマイカ・ドル

物価: 基本日本と同じくらい

チップ: あり

 

水は500mlが80円程度で手に入りますが、野菜や、果物、鮮魚、精肉などは日本より高いことも!!

また、そこまで質が良くないようなので、この値段でこんな感じなの?ということが多いそうです...

島国ということもあり、輸入品に関しては割高になります。

 

3, ジャマイカのことば

ジャマイカの公用語は、英語です。

 

●こんにちは

Hi(ハイ)または、Hello(ハロー)

 

●英語は通じるか

公用語が英語なのでもちろん通じます!

 

元々、ジャマイカはイギリスの植民地だったということもあり、アメリカ英語ではなく、イギリス英語が基本です。

 

また、ジャマイカにはジャマイカ・クレオール語という言語も使用されています。

これは、英語とアフリカの言語を混ぜたもので、ジャマイカで有名なレゲエの音楽などは、この言葉が使われています。

 

レゲエや、HIP HOPなどが好きな方は、このジャマイカ・クレオール語がわかるかも!?

 

4, ジャマイカの食べ物

●アキー&ソルトフィッシュ

ジャマイカの伝統的な朝食です。

アキーというのは赤い果物で、18世紀に西アフリカからもたらされたと言われておりますが、現在このアキーを食べるのはジャマイカだけだそうです。

 熟していないアキーは毒があるそうなので、注意が必要です。

このアキーと塩漬けのタラを玉ねぎ等の野菜と一緒に炒めたものが、アキー&ソルトフィッシュと呼ばれています。

 

●ライス&ピーズ

ジャマイカの主食です。

見た目は赤飯のようですが、お米と豆をココナッツミルク炊いたご飯。

まろやかな味なので、スパイシーな料理と合います。

 

●パティ

ジャマイカのファストフード的存在。

ペイストリー生地にスパイシーな味付けをした具を挟んだものです。

中身の具材は、牛ひき肉、鶏肉、野菜等ですが、一番ポピュラーなのは、ビーフパティが挟んであるパティになります。

美味しそうなのでぜひ食べてみたい料理です!

 

5, ジャマイカの有名なもの

●レゲエミュージック

f:id:mxaxu:20191222214549j:plain

1960年代ジャマイカで発祥した音楽ジャンル。

どのような音楽かというと↓

1960年代後半ジャマイカで発祥し、1980年代前半まで流行したポピュラー音楽である[1]。広義においてはジャマイカで成立したポピュラー音楽全般のことをいう[1]。4分の4拍子の第2・第4拍目をカッティング奏法[注釈 1]で刻むギター、各小節の3拍目にアクセントが置かれるドラム、うねるようなベースラインを奏でるベースなどの音楽的特徴を持つ。

出典: Wikipedia

とWikipediaさんには記載されていますね。

レゲエはゆるい感じで私も好きなジャンルの1つです!

 

●ボブ・マーリー

ジャマイカを代表するレゲエミュージシャン。

彼の音楽はラスタファリ運動(労働者階級と農民を中心に派生した宗教的思想運動)の思想を背景としており、彼の思想は数多くの人に影響を与えました。

ジャマイカには、ボブ・マーリー博物館もありますので、ファンの方は必見です!

 

●ブルーマウンテン

f:id:mxaxu:20191222214726j:plain

ジャマイカにあるブルーマウンテン山脈の標高800~1,200mの限られた地域で栽培されるコーヒー豆のブランド。

香りが非常に高く、繊細な味のコーヒー。

限られた地域でしか栽培されていないため、高価な豆として知られています!

 

6, ジャマイカOTHERS

 

●ドレッドヘアの人が多い!

f:id:mxaxu:20191222214937j:plain

ジャマイカにはドレッドヘアの人がたくさん!

ドレッドというのは、髪を紐状に何本も束ねた髪型のことを指し、レゲエ好きの定番ヘアとなっています。

 

ジャマイカでドレッドヘアが取り入れた背景としては、1930年代のラスタファリ運動で、運動の一環としてドレッドヘアが聖なるものとされたことにより、今でもドレッドヘアにする方が多いそうです。

 

●結婚するのは30代以降の人が多い

結婚するまでは自由気ままに遊びくり、だんだんと落ち着いてきた30代から結婚を考える人が多いです。初婚の平均年齢は33歳と、日本を上回る晩婚国です。

 

●国民の90%が黒人!

ジャマイカは、16世紀では、スペインの植民地とされており、その際に農業の労働力としてアフリカから黒人奴隷がたくさん連れてこられたという経緯があります。

ですので、国民の90%が今でもその血を継いでいるというわけです。

 

まとめ

ジャマイカいかがでしたでしょうか。

最後に3つ、ジャマイカの特徴をまとめたいと思います。

 

レゲエ発祥の国!

国民の90%が黒人の国!

ドレッドヘアの国!

 

小さな国ですが、様々な特徴があり面白い国でした!

今では、世界各国で親しまれているレゲエもジャマイカが発祥だったんですね。

ジャマイカで生のレゲエを見てみたいな~。

 

ではでは、また明日!

 

MAYU