🌏 世界各国おべんきょうぶろぐ 🌏

【世界幸福度ランキング2019】順に国を紹介しています!

#64 北キプロス - トルコにしか"国"として認められていない国

どもども、MAYUです。

本日は、世界幸福度ランキング64位の国、北キプロスをご紹介したいと思います!

 

"え、既に49位にキプロス紹介したじゃん"ってなりますよね。

そこでその際にお話した首都が二つの国に分断されていると書いたうちの1つがこの北キプロスになります。

キプロスと調べると大きなくくりでキプロス単体が出てきてしまいますが、この北キプロスは、トルコだけが国として認めている国なのだそうです。

今回は北キプロス目線で、南部のキプロスと比較しながら書いていきたいと思います。

0, 国旗の意味f:id:mxaxu:20200110162826p:plain

(注※ 実際の国旗はかすれておりませんが、やはり国としてあまり有名ではないため、通常の国旗が見つかりませんでした。ご了承ください。)

赤は、ギリシア人とトルコ人の間の紛争によって流された血を表し、白は平和を表しています。上下の線は、北キプロスとトルコ共和国の永続的な関係を、中央のマークは、イスラム教のシンボルとトルコ人を表しています!

なんだかいろいろな意味が込められて込められている国旗...!

 

1, 北キプロスの位置・人口・面積

地中海に浮かぶ島国です。

北キプロスは、この島の北部37%を占めています。

それ以外が南部のキプロスになります。

 

人口: 33万人程度

面積: 3,355 km²(沖縄の奄美諸島と同じくらいの大きさ)

日本からの飛行時間: 15時間~

首都: ニコシア

 

この首都ニコシアが、キプロスと北キプロスの境目になっています。

ですので、ニコシアはどちらの国でも首都ということです。

そのような首都は世界でここ"ニコシア"だけ!

 

2, 北キプロスの通貨・物価

通貨: トルコリラ

物価: キプロスより安い!

チップ: サービス料が含まれていない場合払った方良い

 

キプロスでは、ユーロを使用しますが、北キプロスでは通貨が変わり、トルコリラというトルコで使用されている通貨に変わります!

また、物価も南部のキプロスよりも北キプロスの方が安くなるようです!

リゾート地で、安い物価は珍しいので穴場ですね。

 

3, 北キプロスのことば

北キプロスの公用語は、トルコ語。

南部のキプロスはギリシア系が多いので、ギリシア語を使用しますが、北キプロスはトルコ語のみ公用語として認められています。

 

●こんにちは

Merhaba(メルハバ)

 

●英語が通じるか

かなり通じます!

キプロスは、イギリスの植民地だった時代もあり、英語の普及率が高いので、英語が話せれば問題ありません。

 

4, 北キプロスの食べ物

●シェフターリ・ケバブ

皆さんご存じのケバブ。シェフターリは桃という意味だそうなのですが、桃が使われているわけではありません。聞き間違いでこの名前になったと言われています。

羊と牛のひき肉、玉ねぎ、イタリアンパセリと羊の皮を使用したケバブで、日本人の口にも合いそうですね。

 

●クレフティコ

骨付きのラム肉。一晩冷たい水で寝かせて、3時間ほどじっくりオーブンで焼き上げる料理。時間をかけているので、その分おいしそうですね。

 

●ガラグッリ

巻貝のお料理!

巻貝を2,3回茹でて、オリーブオイル、ニンニク、レモン汁でいただきます!

 

すべて特殊すぎて画像が見つかりませんでした...

5, 北キプロスの有名なもの

●2つの国を持つ首都 ニコシア

世界で唯一2つの国の首都なっているニコシア。

これは大変珍しいことでいろいろな歴史があったんだなということが分かりますね。

 

●ブユック・ハン

北キプロス・トルコ共和国の首都ニコシアにあり、キプロス島で最も美しく、最大のキャラバンサライと言われています。

中庭にはお清めのための泉があったり、今ではカフェや民芸品の販売などで賑わっている施設です。

 

●キプロス博物館

9千年ともいわれる長い歴史を誇るキプロス島の、新石器時代からローマ時代までの、遺跡から発掘された品々が展示されています。

 

6, 北キプロスOTHERS

●北キプロスへの入域は注意が必要!?

冒頭で記載した通り、北キプロスを国として認めているのはトルコのみ。

キプロスに入国する際に、北キプロスの空港、港を経由して南部のキプロスに入るには、合法的な指定された場所からの入国でないと南部には行けません。

また、キプロス入国時に北キプロスへ宿泊、または北キプロスでの行事に参加することが判明した場合、入国を拒否されることも...!指定されている宿泊施設などもあるようですので、要チェックです。

いろいろと規制が厳しいようなので、行く前の事前チェックは必須です。

 

●イスラム文化

南部はキリスト教が多いので、協会が多いのですが、北キプロスはイスラム文化が強いので、街にはモスクがいっぱい。お菓子も中近東のお菓子であったり、エキゾチックな街並みが繰り広げられています。

 

●ギリシアに入れない!?

f:id:mxaxu:20191229173740j:plain

北キプロスの入国スタンプがあるとギリシアには入れないそうです。

やはり南部のギリシア系との対立があるので、そのようなことが起こっているようですね...

 

まとめ

北キプロスいかがでしたでしょうか。

最後に3つの言葉でまとめたいと思います!

 

●トルコにしか国として認められていない国

●入国には注意が必要な国

●南部のキプロスと雰囲気が違う国

 

本当にいろいろな国があるなと改めて思いました。

首都が2つの国をもっていて、その1つが1つの国にしか国として認められていないって複雑ですね。

 

北キプロスへの入国の際は、いろいろと規制があるようなので、十分注意してお出かけください。

 

ではでは、また明日!

 

MAYU