🌏 世界各国おべんきょうぶろぐ 🌏

【世界幸福度ランキング2019】順に国を紹介しています!

【ペルー】ペルー原産の作物がいっぱい【食べたい】

どもども、MAYUです!

 

今日は大晦日!皆さんいかがお過ごしでしょうか~

私は大掃除も済んで、あとは良き新年を迎えるのみ!!

年末年始のみんなが家族とゆっくり過ごしている雰囲気が好きです。

 

そんな今日、ご紹介する世界幸福度ランキング65位の国は...

ペルーでございます!!

0, ペルーの国旗

f:id:mxaxu:20191231103938p:plain

独立運動の指導者、サン・マルティンの軍隊がピスコに着いたときに、彼が驚いた"赤い翼で白い胸の鳥"がペルー国旗の原型になったと言われています!

赤は勇気と愛国心、白は平和と進歩と名誉を表すと言われており、中央の紋章には、ラマ、キナの木、国富を表す豊穣の角が描かれています。

 

1, ペルーの位置・人口・面積

エクアドル、ブラジル、ボリビア、チリと隣接している、南アメリカ大陸の国!

 

人口: 3,290万人

面積: 日本の約3.4倍

日本からの飛行時間: 直行便なし。乗り継ぎ含め21時間~30時間。

首都: リマ

f:id:mxaxu:20191231105426j:plain

リマは活気溢れる大都市として栄えている首都です!

 

2, ペルーの通貨・物価

通貨: ヌエボ・ソル

物価: 全体的に安い

チップ: あり

 

物価に関しては、全体的にかなり安く、ビールも90円くらいで買うことができます!

高級レストランなどに行かなければかなり費用を抑えて旅することができそうです!

チップはありますが、タクシーには不要で荷物などを運んでくれたときに50~100円程度渡せば喜んでくれます。

 

3, ペルーのことば

ペルーの公用語は、スペイン語、ケチュア語、アイマラ語!

ケチュア語とアイマラ語が公用語なのは、ボリビアと一緒ですね。

大体のペルー人が使用するのはスペイン語で、ケチュア語やアイマラ語しかしゃべれない!という方はほとんどいません。

ケチュア語は、1975年に公用語として認められたインカ帝国時代に使用されていた言葉で、アイマラ語は、アイマラ族という部族が使用している言葉です。

インカ帝国というのは、南アメリカのペルー、ボリビア、エクアドルを中心にケチュア族が築いた国のことを言います。文字を持たない社会、そして文明だったそうです!

 

●こんにちは

スペイン語: Hola(オラ)

ケチュア語: Allillanmi(アリランミ)

アイマラ語: 検索できず...

 

●英語が通じるか

観光スポットであれば英語が通じます!

観光客がよく来ることで英語が話せるようになったペルー人も沢山いるようです。

ただ観光地から離れたローカルなエリアでは英語がほとんど通じないのが現状。

ローカルなエリアへ旅をする方はスペイン語を少しでも理解しておくと良いと思います!

 

4, ペルーの食べ物

ペルー料理はワールドトラベルアワードの"世界で最も美食を楽しめる国"ランキングで4年連続で最優秀賞をとるほどすごい料理なのです!

 

●セビーチェ

f:id:mxaxu:20191231122737j:plain

ペルー料理の代表といえばセビーチェ!

白身魚やタコ、海老などの魚介類と紫玉ねぎとレモン汁と香辛料使って和えたマリネ料理。

 

●ロモ・サルタード

f:id:mxaxu:20191231123812j:plain

ペルーの代表的な料理でレストランや定食屋などどこでも食べることができる国民食。

牛肉の細切りに玉ねぎやピーマン、フライドポテトを一緒に炒めたもの!

なんと味付けに醤油が使われているので、日本人の口にもばっちり!

 

●アンティクーチョ

f:id:mxaxu:20191231124055j:plain

牛の心臓を串焼きにした料理で、日本の焼き鳥のハツの牛バージョンです!

レストランでも食べられますが、路上でも出店で食べることができます!

 

5, ペルーの有名のモノ

●カホンの発祥地!

f:id:mxaxu:20191231125934j:plain

カホンという楽器は楽器自体に跨って演奏される箱型の楽器!

カホンはスペイン語で"箱"を意味するそうです。

箱を打楽器に変えてしまうなんて斬新でかっこいい!!

 

●マチュピチュ!!

f:id:mxaxu:20191231130240j:plain

ペルーの観光スポットと言えばここ!!

世界遺産にも登録されているマチュピチュ遺跡です。

マチュ・ピチュとは"老いた山"を意味するケチュア語。

約2280mの標高に位置し、ふもとから確認することができない遺跡で、インカ帝国時代の空中都市ともいわれ、謎の多いミステリアスな遺跡です。

 

●クスコ

f:id:mxaxu:20191231132150j:plain

かつてインカ帝国の中心地として栄えた標高約3,400mに位置する歴史ある街!

インカ帝国時代の美しい石積みや、スペイン植民地時代に作られた白壁と赤い屋根の家、教会なども多くみられます。

クスコの通りは鮮やかな民族衣装をまとう人々もおり、日本では絶対に見られない街並みを見ることができます。

 

6, ペルーOTHERS

●ペルー原産の作物がいっぱい!!

f:id:mxaxu:20191231135732j:plain

実は、ペルーは様々な作物を育てています!

じゃがいも、トマト、かぼちゃ、ピーナッツ、唐辛子などはどれもペルーが原産地!

また、ペルーには紫色のトウモロコシもあります。かなり見た目がいかついですね...

16世紀にペルーがスペインの植民地になったことで、スペイン人がこれらの食材を持ち帰ったことで世界に広まったと言われています。

この歴史がなかったら、トマトのないイタリア料理になっていたかもしれないのです!

 

 

●給食は朝に出る!

日本の学校は給食はお昼に出ますが、ペルーの学校は朝に給食が出る学校があります!

これは、朝給食を出すことによって、子供たちが学校に行きやすくしているそうです!

確かに給食って学校に行く楽しみの一つだったので、これはいい案かも...!

 

●インティ・ライミ

これはケチュア語で"太陽のお祭り"を意味し、作物の豊穣を祈り、感謝するお祭りであると共に、インカ帝国の重要な宗教的儀式の1つとなっています。

お祭りではカラフルな衣装をまとった人々が音楽に合わせて踊り、観光の目玉にもなっています。

 

まとめ

ペルーいかがでしたでしょうか。

最後に3つの項目にまとめたいと思います!!

 

●世界で最も美食を楽しめる国!

●ペルー原産の作物がいっぱいの国!

●マチュピチュの国!

 

ペルー料理は日本人の舌にも合う料理がいっぱいで現地にいっても困らなさそうですね!

文化も興味深くて、ぜひ行ってみたい国の1つに追加されました!

 

 

 

今年は、誕生日の次の日から毎日ブログを更新することを始めようと決めて、無事大晦日まで毎日連続で更新することができました!

 

少しでも興味をもって覗いてくれて、読んでくださった皆様ありがとうございます。

 

今年は毎日記事を更新することに追われてしまっていたので、来年はブログのデザインや中身なんかももっとパワーアップしていければと思っております。

あと、来年は重大発表があるので、お楽しみに~!

 

来年もどうぞ宜しくお願い致します!

 

では、皆さん良いお年を~!!

 

MAYU