🌏 世界各国おべんきょうぶろぐ 🌏

【世界幸福度ランキング2019】順に国を紹介しています!

#77 ドミニカ共和国 - 甘味のないバナナが主食の国

どもども、MAYUです。

本日は世界幸福度ランキング77位、

ドミニカ共和国をお勉強!!

実は、ドミニカ国という別の国もあるので、ご注意!

ここでは、ドミニカ共和国をお勉強したいと思います。

0, ドミニカ共和国の国旗

f:id:mxaxu:20200112214000p:plain

この国旗は、ハイチというドミニカ共和国の隣の国の国旗を参考に作られたもの。

赤は独立のために流された血、青は平和を、白の十字は純粋さを表しています。

中央には、国章がデザインされ、上部のリボンには"神、祖国、自由”、下記のリボンには国名が書かれています。

 

1, ドミニカ共和国の位置・人口・面積

カリブ海に浮かぶ島。イスパニョーラ島の東部に位置しています。

人口: 1,070万人

面積: 九州の1.3倍

日本からの飛行時間: 直行便なし。20時間~

首都: サントドミンゴ

 

サントドミンゴには、1,500年代にまでさかのぼる建物が残っています。

 

 

2, ドミニカ共和国の通貨・物価

通貨: ドミニカ・ペソ

物価: 日本と同じくらい!

チップ: 基本サービス料が含まれているので、不要

 

私は物価は安いと思っていたのですが、意外と日本と同じくらいの物価!

ドミニカ共和国は、あまり外食文化がなく、レストランが基本的に少ないです。

中華街のレストランは安いそうですが、治安があまり良いとは言えないそう...

 

3, ドミニカ共和国のことば

ドミニカ共和国の公用語は、スペイン語。

 

●こんにちは

Hola(オラ)

 

●英語が通じるか

観光地であれば基本通じます!

観光地のお店であれば、英語が通じる方が何名かいるそうなのですが、結構発音にクセがあるそう...

一般人はほぼ英語を喋れないみたいです。

 

4, ドミニカの食べ物

●モフォンゴ

揚げたバナナとチチャロンという豚のばら肉の部分を揚げたものを混ぜ丸く成型してその上からたっぷりチーズをかけたもの。

味の想像が全くつきませんが、一応チーズ味だと思っておきます。

現地に行ったら是非食べてみたい!!

 

●サンコーチョ

鶏肉と、様々なイモ類、トウモロコシを入れたシチューのようなもので、食用バナナと一緒に煮込んだ素材の味をいかした料理。

 

●マング

ドミニカ人の朝ごはん的素材で、食用バナナを茹でてつぶしたもの。

そこにマーガリンや牛乳を入れてなめらかにします。

その上にソテーして酢をからめた紫タマネギを載せて食べるのが伝統的な食べ方になります。

 

5, ドミニカ共和国の有名なもの

●首都サントドミンゴ

かつてスペイン領だったドミニカ共和国。

今でもスペインの雰囲気の名残が街中に広がっています。

重厚感溢れる石畳の街並みが見ものです。

 

●バナナ

f:id:mxaxu:20200113113513j:plain

先ほどのご飯のコーナーでもご紹介したように、ドミニカ共和国をバナナを使いまくります!!

また、よく使用される食用バナナ"プラタノ"は日本のように甘くなく、茹でると芋のような食感なのです。

ですので、主食や、そのほかの材料に使用しやすいんですね!

 

●美しいビーチリゾート

f:id:mxaxu:20200113114656j:plain

カリブ海に面しているので、美しいビーチリゾートが沢山!

特に北西部のカジョ・アレーナ、南西部のバイーア・デ・ラス・アギラスは、透明度も高く、とても美しいビーチなので、観光客に人気のスポットとなっています。

6, ドミニカ共和国OTHERS

●コロンブスが発見した国

f:id:mxaxu:20200113124751j:plain

ドミニカ共和国はコロンブスさんが発見した国!

 

コロンブスは、大航海時代にキリスト教の白人として最初にアメリカ大陸を見つけた人だと言われています!(本当は先にアジア大陸を見つけたかったらしい)

コロンブスは、ここドミニカ共和国に要塞をつくり、これがアメリカにおけるスペイン人(ヨーロッパ人)の最初の入植地となりました。

 

●タバコ栽培が盛ん!

f:id:mxaxu:20200113170358j:plain

ドミニカ共和国は世界でもトップクラスのプレミアムシガーの輸出国となっています!

これはキューバのタバコ生産者が逃亡のためにドミニカ共和国に定住したことから始まりました。何がきっかけになるか分かりませんね。

また、ちょうどドミニカ共和国の気候が、タバコ栽培に適した環境であったため、盛んになったと言われています!

 

●分け合う文化

f:id:mxaxu:20200113170432j:plain

ドミニカ共和国を分け合う文化。

食事も多めに作り、仲間たちと分け合えるようにしたり、沢山取れた作物も自分で独り占めにせず、仲間たちと分け合います。

このような文化が根付いたのも貧困の実態と関係があるだろう言われています。

ドミニカは、個人で事業を行っている人が労働人口の約半分おり、そのほぼ全員が、法が定めた労働基準や社会保障制度によって保護されていないのが現状です。

課税は免れますが、きちんとした基準や制度などが無い中で働いているのが現状です。

 

まとめ

ドミニカいかがでしたでしょうか。

最後に3つの項目にまとめると...

 

●コロンブスが見つけた国

●甘味のないバナナが主食の国

●分け合う文化の国

 

コロンブスが大航海時代に、ドミニカ共和国を見つけなかったら、きっと今は全く違う国になっていたのだと思うと面白いですね。

甘味のない主食となるバナナもぜひ食べてみたいです!

 

↓チェック↓

先日、お知らせをしましたが、今年から夫婦で世界旅をすることを決めて、

"KOJIMAYU"という名前でいろいろと活動していくこととなりました!

世界各国の基本情報であったり、意外な真実などなど、このブログに書いてある内容を下記YouTubeにて動画配信しておりますので、是非ご覧になってみてください。

 

KOJIMAYU

https://www.youtube.com/channel/UCj9owIkzOORvrrfzatX9o7Q

気に入っていただけましたら、高評価・チャンネル登録をしていただけると幸いです!

 

MAYU