🌏 世界各国おべんきょうぶろぐ 🌏

【世界幸福度ランキング2019】順に国を紹介しています!

#79 トルコ - 子供を大切にする国

 どもども、MAYUです!

本日は、世界幸福度ランキング79位の国、

トルコをお勉強したいと思います!

近隣の国に影響を与えてきたトルコ...!

どのような国なのでしょうか!!

0, トルコの国旗

f:id:mxaxu:20200115000700p:plain

この国旗は、三日月旗と言われています。三日月と星は、進歩、国民の統一、独立を表しています!

1, トルコの位置・人口・面積

ブルガリア、ジョージア、アゼルバイジャン、イラン、イラク、シリアと隣接しているアジアの国!

 

人口: 8,300万人

面積: 日本の2倍

日本からの飛行時間: 直行便で約13時間

首都: アンカラ

 

トルコの面積は日本の2倍もあったのですね...!

首都のアンカラはオペラや劇団が有名な場所になっています!

2, トルコの通貨・物価

通貨: トルコ・リラ

物価: 日本に比べ安いことが多い

チップ: 基本なし。良いサービスを受けた場合に渡すこともある

 

物価に関しては、日本に比べ安いことが多いですが、ここ最近物価自体は上昇してきています。2017年から2018年にかけては10%前後上がり、その後も上がり続け、現在は20%弱という数字になってきているそうです。

ですので、以前旅行されている方は、そのときと同じ物価だとは考えない方が良いでしょう。

3, トルコのことば

トルコの公用語は、トルコ語。

実はトルコ語、動詞が一番最後に来ますので、日本語と文法が似ているんだとか。ですので、互いにそれぞれの言語を勉強しやすいそうです。

 

●こんにちは

Merhaba (メルハバ)

時間関係なく、いつでも使える挨拶です。

 

●英語が通じるか

観光地であれば通じます!

レストランのメニューにも英語表記があります。

英語が話せると仕事の幅も広がるため、近年は英語を勉強している人が多いです。

ただ観光地から離れると話せる人がグンと減るので注意!特に年配の方にはあまり通じません。

4, トルコの食べ物

トルコの食べ物は、フランス料理、中華料理と共に世界三大料理と言われています。

西洋と東洋の文化が入り混じった独特の食文化が特徴です。

また、"食事はアッラーの神からの贈り物"なので、楽しんで食べて、無駄にしてはいけないと考えられています!素敵!

 

●ケバブ

f:id:mxaxu:20200115224229j:plain

日本人もだいすきなケバブ!ケバブは"焼肉"という意味を持ちます。串に刺したシシカバブ、日本でもよく屋台が出ているドネルケバブなど、さまざまな種類があります!

 

●サバサンド

f:id:mxaxu:20200115224258j:plain

近年、日本でも見かけるサバサンド。文字通りパンに野菜とサバをサンドしたもので、塩、レモンなどで味付けします。私は、何度か食べたことがありますが、めちゃくちゃ美味しいです!

 

●ドゥンドゥルマ(トルコアイス)

f:id:mxaxu:20200115224343j:plain

ビヨーンと伸びるトルコのアイス!トルコ語で"凍らせたもの"を意味します。これも一時期、日本で流行りましたね。現地では店員さんのパフォーマンスも見ものだそうです。

5, トルコの有名なもの

●イスタンブール歴史地区

f:id:mxaxu:20200115224814j:plain

首都のイスタンブールは、イスタンブール歴史地区として1985年に世界遺産に登録されています。アジアとヨーロッパの境目と言われるボスラボス海峡の両側に広がる言スタンブールですが、この歴史地区があるのは、ヨーロッパ側になります。

 

●地下宮殿(イェレバタン貯水池)

地下宮殿...!かっこいい!ここは、大貯水槽の柱が沢山並んだ場所。ここは、宮殿のような東ローマ帝国の大貯水槽柱なのです。貯水槽の長さは138m・幅65mの空間で高さ9mの大理石の円柱336本並んでいます。ライトアップなどの演出や休憩のできるカフェなんかもあるそうです!

 

●グランドバザール

沢山の人で賑わうイスタンブール最大のショッピングアーケード。バザール内はとても広く、貴金属、服、絨毯、陶器、香辛料などのお店が4,000軒以上も並びます。

6, トルコOTHERS

●子供が大好き

f:id:mxaxu:20200115231520j:plain

子供が生まれるとその家族の人数が増えることにより、大きくなり強くなると言われています。ですので、子供を作らないという思考がほとんどありません。日本は少子化になってきているので、この思想を見習いたいところですね。

また、4/23が子供の日となっており、この日は世界各国から子供たちをトルコに招待してホームステイをしたり、歴史的な場所を訪れたり、食文化を学んだりするそうです。

また、子供たちが大臣の席に座って"1日大臣”となり、子供たちのための政策を考える行事などもあります!日本の子供の日も、国のためになるようなことをしたら良いのかなあと思いましたねぇ...

 

●邪悪な目 ナザール・ボンジュウ

これは"邪悪な目"というトルコのお守り!トルコ人はこのナザール・ボンジュウを悪を清めるお守りとして信じています。これは屋台でも売られていますが、家の中や車なんかにもお守りとしてぶら下がっているそうです。日本の"神社で買うお守り"のようなものでしょうか。

 

●日本とトルコは仲良し!

f:id:mxaxu:20200115232551j:plain

トルコ人は日本人が大好き!というのを耳にする方も多いと思いますが、これはなぜかと言いますと、エルトゥール号遭難事件というオスマン帝国(昔のトルコ)の軍艦が和歌山県の沖で遭難したという事件がありました。

このとき、地元の日本人が救助活動を行い、また遺族への寄付などが行われたため、トルコの人々は日本人に好意を持つようになったそうです!このときの地元民に感謝ですね。その好意を踏みにじらないよう、立派に生きていきたいと思います!

 

まとめ

トルコいかがでしたでしょうか。

最後に3つにまとめると...

 

●子供を大切にする国

●日本に好意を持つ国

●世界三大料理の国

 

子供を大事にする国って素敵ですね。

日本も未来を創る子供に対しての制度をもう少し見直さなけれないけないのでは、と思います。

 

↓チェック↓

先日、お知らせをしましたが、今年から夫婦で世界旅をすることを決めて、

"KOJIMAYU"という名前でいろいろと活動していくこととなりました!

世界各国の基本情報であったり、意外な真実などなど、このブログに書いてある内容を下記YouTubeにて動画配信しておりますので、是非ご覧になってみてください。

 

KOJIMAYU

https://www.youtube.com/channel/UCj9owIkzOORvrrfzatX9o7Q

気に入っていただけましたら、高評価・チャンネル登録をしていただけると幸いです!

 

MAYU